EMニュース

ニュージーランドのパートナーがニュースレターをリリース | EMNZ

2023.9.21
ニュージーランドのパートナーがニュースレターをリリース | EMNZ
EMNZ 春のニュースレター EMの違い

https://mailchi.mp/emnz/winternewsletter-9361354?fbclid=IwAR2w4nCL0ltXpEYLeb3fdb3oDb5xQIUgWShaJhGVB41YEtDf14gDMsIu7uY

ブドウ園の微生物バイオマスや酪農場の改善に関するケーススタディなどが掲載されています。ぜひご覧ください。
※Google chromeやMicrosoft Edgeなどの翻訳機能をご利用ください。


バイオマスと菌類の増加 - ケーススタディ
https://cdn.shopify.com/s/files/1/0788/4996/6361/files/Vineyard-Case-Study.pdf?v=1695000367


このケーススタディは、土壌微生物バイオマス、特にブドウ園の菌類を刺激する際の EM の有効性を示しています。 EM は、植物の成長、収量、栄養、ストレス耐性を高めることができる有益な糸状菌、酵母、細菌の組み合わせです。 しかし、多くの場合、菌類の要素は見落とされ、EM は細菌が優勢な混合物であると考えられています。このケーススタディの目的は、EM が菌類と細菌の両方に利益をもたらすことを示すことです。 このケーススタディは、ワイン生産の副産物である廃棄物「粕」を強化するEMの能力を示すブドウ園での試験中に実施されました。

マイクロバイオメーターの結果は、土壌に EM を適用することにより、総微生物バイオマスが 1 グラムあたり 569 微生物単位炭素 (MuC) から 1 グラムあたり 754 MuC まで 33% 増加したことを示しました。さらに、真菌細菌の比率も劇的に変化しました。 対照は真菌43%:細菌57%であり、EM処理列は真菌54%:細菌46%の比0.8:1から1.2:1を示した。 これは、EM を使用すると活動が強化され、土壌中の微生物の総数が増加し、真菌の活動が大幅に強化されることを示しています。



酪農場の改善 - ケーススタディ
https://cdn.shopify.com/s/files/1/0788/4996/6361/files/Dairy-Farm-Case-Study_1__compressed.pdf?v=1690262754


ケーススタディの概要 この農場ケーススタディは、シュット農場の牛舎への EM 添加の有効性を判断するために実施されました。 群れの納屋は、すのこ状の床とその下にバンカー排水収集システムを備えたシェルターです。 この試験の目的は、EM を牛舎に添加することで環境全体とその結果得られる堆肥を改善できるかどうかを確認することでした。 EM は 2 月に 1 つの納屋に接種され、もう 1 つの納屋は未処理の対照として使用されました。





作物適用ガイド
https://www.emnz.com/pages/application-guides


EMNZ の生物学的ソリューションは、土壌の肥沃度を高め、植物の健康を強化し、生産量を増やすように設計されています。以下の作物適用ガイドには、当社の全製品オプションと推奨レートが記載されています。生産者は、作物の要件や土壌条件に最も適したものをこの範囲から選択できます。他の作物も随時追加する予定ですが、以下は当社の製品が使用されている作物の大部分をカバーするものです。
【牧草地】【マメ】【穀物】【アブラナ科】【トウモロコシ】【アボカド】【ポテト】【種子作物】【野菜】【果樹園】


EMNZ
有用微生物群: 世界的なテクノロジー
持続可能な食料生産、土壌の健康、作物の成長促進のために微生物の力を活用
https://cdn.shopify.com/s/files/1/0788/4996/6361/files/EM-Overview-Booklet-Printer-Version.pdf?v=1695000755