EM活用事例

国をあげた教育プログラム Part2

ブータン
国名:
ブータン
カテゴリー:
社会貢献
タグ:
国家プロジェクト, 教育/ 育成
国をあげた教育プログラム Part2
ブータンの農業森林省と教育省では、EM 技術を活用した持 続可能な農業を促進するため、2000 年に学校で農場プ ロジェクトを開始しました。 

現在、ブータン国内の約 100 校で同プログラムが採用さ れ、たくさんの生徒が循環型農業を学んでいます。

(詳しくは、こちらもご覧ください → 国をあげた教育プログラム

ブータン ダンプ―中央学校

2016年から学校農業プログラムに参加しているダンプー中央学校には、生徒約 1,000 名、職員約 40 名が在籍しています。
生徒たちはEM 活性液やEMボカシの作り方に加え、畜産・農業・水産での活用方法などを学んでいます。 また、市販のエサにEM発酵飼料を混ぜたものとEM活性 液を加えた飲用水を与え、280羽の産卵鶏を育てています。 

EM 育ちの鶏が産む卵はとても新鮮で、黄身に楊枝を指しても倒れることはありません。一日に205個程度の卵を生産し、生徒の食事になるとともに、余剰品は販売されます。 
280羽がEM発酵飼料を食べている
280羽がEM発酵飼料を食べている
新鮮で栄養満点の卵
新鮮で栄養満点の卵
EMの活用により、ストレスなく健康的に暮らす豚
EMの活用により、ストレスなく健康的に暮らす豚
養豚を担当しているのも学生たち
養豚を担当しているのも学生たち

魚の養殖池

1,600 平方メートルの養殖池では、約 9,000 匹の草魚やティラピアを養殖しています。EM 団子 2,700 個と EM 活性液と一緒に投入したところ、池の臭いがなくなり、水も透明になりました。




 

 

EM使用により臭いがなくなった養殖池
EM使用により臭いがなくなった養殖池
EM団子を投入する学生たち
EM団子を投入する学生たち
学生が作ったEM団子2700個
学生が作ったEM団子2700個

農園

4 エーカーに渡る農場でも、生徒たちは実践的に農業を学んでいます。各学級が農場を一つずつ担当し、豆、トウ モロコシ、キャベツ、じゃがいも、きゅうり、オクラなどを育てています。教員によると、生徒たちが育てたカ ボチャだけでも 5,000KG 以上収穫できたそうです。 

 

デキリン学校

また、ブータン政府からモリンガの木 100 本の寄付を受けたデキリン学校では、EM堆肥を使用したモリンガ栽培を行っています。学生たちが栽培から加工までを担当し、収穫したモリンガの葉を丸一日よく乾燥させ、煎じてからパック詰めにして販売します。EMモリンガティーは国内で販売され、その収益は生徒たちの教育プログラムへ還元されています。 


 

モリンガの樹
モリンガの樹
モリンガティーを作る学生たち
モリンガティーを作る学生たち

EMが教科書に

このように、ブータンでは国をあげて EM 活用に力を入れており、農業の教科書には EM技術と比嘉照夫教授について説明した章があるほどです。若者たちは学校教育を通してEMへの理解を深め、技術を習得しているのです。
 

 

比嘉教授についての教科書のページ
比嘉教授についての教科書のページ
教科書の表紙
教科書の表紙
EMについて解説するページ
EMについて解説するページ


詳細につきましては、ブータンのパートナーへお問合せください。


Council for RNR Research of Bhutan (CoRRB), 
Ministry of Agriculture, Royal Government of Bhutan
Post Box: 1095, Thimphu Bhutan
Tel: +975-02-321142 / +975-02-323765 / +975-02-326146
email: raibb@yahoo.com