EMニュース

【海外報告】ブータンでの活動の様子

2009年08月17日

 ブータンでは、1995年に農業省のもと農業団体がEMを取り入れた活動
 を始め、2005年には農業省・教育省の行うSchool Agriculture Program
 (SAP)に組み込まれ、学生が授業でEMを学ぶようになりました。
   
 プロジェクトの主な目的:
 ・若い世代へ労働の尊さを教える
 ・学生が親や地域に農業技術を教える
 ・科学や地理学の授業の一環として実践経験をつむ
 ・野菜を作ったりすることで他人を助け、また、将来雇用を生み出せるように
  自己を成長させる

 6つの学校で試験的に始まったSAPは、今では1600校もの学校で導入され
 ており、プログラムは、農作物のEM技術を利用した無農薬栽培をはじめ、
 家畜や水産養殖にも広がっています。
  
    
                  授業の様子

 このプロジェクトは、農業が盛んなブータンにとって多くの農家の生計に
 関わる重要面を持っており、後世の人々にとって必要である、とブータン
 政府は受け止めています。

 (今回の記事はAPNANブログ(英語記事)より抜粋しました。)
 

EMニュース

  • EM研究機構からの重要なお知らせ
  • ウェルネスセンター&ホテル事業
  • お問い合わせ窓口
  • 文字を大きくするには?

この頁のトップへ