EM活用事例

ニンニクと玉ねぎがイキイキ元気

アーグァ・フリーア・デ・ゴイアス, ブラジル
国名:
ブラジル
カテゴリー:
農業
タグ:
大規模
ニンニクと玉ねぎがイキイキ元気

農場概要

ブラジルの首都ブラジリアの142km北、アーグァ・フリーア・デ・ゴイアス市にあるタナベグループ農場では、ニンニクと玉ねぎの栽培にEMを取り入れています。現地の平均気温は22.9℃で、土壌は石灰質です。除草剤、防カビ剤、殺虫剤などの農薬を長年使ってきた結果、雑草に農薬への耐性がついて、薬が効かなくなっていました。その耐性への対策にもなる、サステイナブルで環境や生物にも良い方法を探し、EMに出会いました。 

乾燥農場1230ヘクタール、灌漑農場780ヘクタールの大規模農場で、1ヘクタールあたりの収量は、ニンニク18-20トン、玉ねぎ 100トン程度です。他に大豆やトウモロコシも栽培しています。

抱えていた問題

- 紅色根腐病(ピンクルート)やフザリウム腐敗病など、玉ねぎの病気
-育ちすぎる雑草
-収量減につながる、除草剤や殺虫剤に対する耐性
-カルシウム分の多いアルカリ土壌 
-農薬使用による土壌の劣化

EM活用

センターピボット灌漑
センターピボット灌漑
タナベ農場では2014年からEMを活用しています。広大な農場に水を撒くため、スプリンクラーがぐるりと円を描いて動くセンターピボット灌漑とい方法を用いています。巨大スプリンクラーで灌水する度、EM活性液も一緒に撒かれています。また、植え付け前の土壌処理にもEM活性液が使われています。

効果と結果

EM栽培のニンニクは健康で変色も見られない (左)
EM栽培のニンニクは健康で変色も見られない (左)
EM活用により、農薬の使用量と頻度が減少 
  a) 除草剤30%-40%削減
  b) 殺虫剤10%-20%削減

コストも大幅に削減
- 除草剤と殺虫剤の効果が長持ちするようになり、収量があがった
- 酸性のEMを使用することにより、土壌のpHを調整できる
- 土壌が自然の微生物で豊かになり、病原菌の発生を防ぐ
- 作物が元気いっぱい 
- ニンニクの収量アップ 14 トン/ha → 18-20 トン/ha
- 玉ねぎの収量アップ 40-50トン/ha → 100トン/ha
 -紅色根腐病(ピンクルート)の根絶 
ピンクルートの全くない健康なニンニク
ピンクルートの全くない健康なニンニク
イキイキした玉ねぎに病原菌は見られない
イキイキした玉ねぎに病原菌は見られない
サイズが揃って均一に育つ玉ねぎ
サイズが揃って均一に育つ玉ねぎ

 



(Updated on January, 2018)

関連事例