ホーム > EMとは? > EM活用技術  > 水産利用

水産利用

 日本では、EMを活用して豊かな海を取り戻そうというボランティア活動が多数展開され、水質の改善やヘドロの減少という効果にとどまらず、海草や魚貝類が甦り、水産業の振興へと成果が広がっています。

 水質汚染は生活排水が主な原因となっていますが、家庭から出る汚染物質の大部分はEMが利用可能な物質です。流れていく先でEMが腐敗菌より優先してく ると、汚染物質は腐敗せず発酵され、他の微生物や生命がEMの作り出す物質を利用するようになります。

 このような環境が出来るとより高次の捕食者が増加し、汚染源のエネルギーが生命エネルギーとして利用されるようになります(詳しくはEMのメカニズムをご参照下さい)

 海の砂漠化による水産資源の枯渇、対処療法的な技術に基づく養殖業の抱える矛盾などは、EM技術を活用し、周辺環境を総合的に改善することで解決可能です。

水産利用

水産養殖におけるEM (有用微生物群) の活用

 魚介類の乱獲や海や河川などの水環境汚染など、人為的な影響により世界中の天然の水産資源は減少し続けている。水産養殖は先進国においては不足する魚介類を補い、また開発途上国においては外貨獲得の手段として国策で養殖の開発が推進されてきた。

 水産養殖では限られた区域の中で特定の種の魚介類を養殖するため、衛生管理は非常に重要な条件である。しかし成長を促進させるために過剰な給餌が行わ れ、その結果として余剰な餌や排泄物は汚泥となり、水質を悪化させる原因となった。この水質の悪化による病気を抑えるため、抗生物質や化学薬品が投入さ れ、自然界に存在する有用な細菌類を抑制し、自浄作用を抑制させることとなる。最終的には使用できなくなった区域は放置され新たに養殖場を開拓するため、 環境の破壊は著しいものがある。

 EMは環境浄化の分野でも世界各地で実績を上げており、特に養殖と関連する河川浄化など自然界の水処理においてもその効果が認められている。養殖におい ても水質の悪化が病害などの原因となっており、水質浄化で効果を発揮しているEMを利用し、水の自浄能力を向上させることにより、これらの問題を解決する ことは十分可能である。本編に示すようにEMを活用しこれらの問題を解決することは、水産養殖の生産性を向上させるだけでなく、環境を保全することにも繋 がってくる。

A shrimp harvest from a Kyusei Nature Farm Fish aplenty in ponds containing EM in a Kyusei nature Farm
A shrimp harvest from a Kyusei Nature Farm Fish aplenty in ponds containing EM
in a Kyusei nature Farm

1. 水産養殖における課題とEMによる対策について

水産養殖における課題とEMによる対策について

2. EMの使用例

水産養殖でのEMの使用基準例

  EM活性液 EMストチュウ EMボカシ
水槽 1回での投入は全水量の1000〜5000分の1
病害の発生前に水量の5000〜10000分の1
給餌 餌の全量に対し1000分の1以下を目安
餌の全量に対し1000分の1以下を目安 餌の全量に対し1〜5%混合
池干し 1〜1.5t/haを目安に散布する
175kg〜200kg/haを目安に散布する

主な事例

3.参考資料

  東南アジアを中心にエビ養殖におけるEMの使用が盛んになっており、エビ養殖事例が中心となっている。水産養殖においてはどのような魚介類の養殖でも水槽内の衛生環境の保全という意味においては共通している。

(現場事例)

【1】「Black tiger prawn culture with EM and EMX application (Thailand) 」:APNAN / EMRO Thailand

 チャンサオ県のエビ養殖場においてEMとEMXを用いて試験を行った。試験は1月から10月まで行われ病害の防除として餌にEMXやニンニクを混合したものを使用した。時期的に難しい面もあったが最終的な生存率は57%あった。

【2】「Catfish Raising by EM application (Thailand) 」:APNAN / EMRO Thailand

 3ライ (1.2acre / 4.8ha) の養殖池に10万から20万匹のエビを年に2回養殖している。池を乾燥させる時期に汚泥へのEM散布、稚エビの餌へのEM混合などのEMの施用により、ナマズの死亡率が減少したり、経費が削減されるという効果が得られた。

【3】「A black Tiger Prawn Farm in Chachoengsao (Thailand) 」:APNAN / EMRO Thailand

 クン・サマイ氏は4年間EMを用いたエビ養殖を行ってきた。EMは池を乾燥させた時の汚泥への処理・悪臭の発生・水質が悪化した時の処理に使用している。ここでは餌へのEMの混合は行っていないが、結果としては光沢があり、悪臭のないエビが飼育されている。

【4】「Sonporn’s Black Tiger Prawn Farm (Thailand) 」: APNAN / EMRO Thailand

 プンピンで5ライ(2care / 8ha) の養殖池に8万から10万匹のエビを養殖している。収穫後の池のヘドロにEMボカシを施用する。EMを施用した後、稚エビを放流し、収穫までEMとEM5 を投入する。水質の管理は重要であり、pH、アンモニア濃度、塩分濃度、藻類、水の色などのチェックを行う。病気が発生した場合には餌にストチュウを混ぜ 4時間放置後に給仕している。臭気の問題、汚泥の減少、コスト、環境保全などの面で効果があった。

【5】「Observation the Use of Effective Microorganisms on Selected Vegetable Crops Using Nutrient Enriched Water from a Water Recirculated Intensive Fish Production (South Africa) 」:J.F.Prinsloo and H.J.Schoonbee

 淡水養殖では飼料の不足のため、それに代わる家畜糞尿などの有機質の利用が研究され、また水の有効利用のため農業用水と養殖の水の共用についての研究も進められている。それらを組合せたインテグレーテッド農法が南アフリカで研究されてきた。悪臭などの問題があったが、EMを組み合わせることで、臭気も緩和された。その水を用いた作物栽培でEMボカシ、化学肥料、堆肥を使用した比較試験を行い、EMボカシは収量においてその他より相対的に良い成果が得られた。

現場事例

【6】「Nature Farming and Shrimp Production in South America (Brazil) 」:H.Ota and S.Kinjo

 中南米のペルー及びエクアドルのエビ養殖では白点病が大きな問題である。ところがEMを用いた農家では病気が減少してきている。理論については調査中であるが、EMにより養殖池の環境が向上、安定化したことによると考えられる。

【7】「Impact of Effective Microorganisms in Shrimp Culture Using Diffferent Concentrations of Brackish Water (Thailand) 」:S Pongdit, T.W.Thongkaew

 本試験では塩分濃度の異なる地域での有機エビの養殖へのEMの有効性について確認する。成育までにはEM、EMボカシ、EM5号が使用された。水質 (BOD、COD、アンモニア、リン) は塩分濃度の違う2箇所とも養殖前後とも低いレベルに抑えられていた。EM使用により5ライ当り90000バーツの経費が削減され、通常年に一回か二回養殖が行われるところが、水の交換無しに年三回の養殖が行えた。試験よりEMによる有機エビ養殖は、塩分濃度に関係なく可能と考えられる。

現場事例

EMとは?

  • EMとは?
  • EMのメカニズム
  • EMを構成する菌群
  • EM活用技術
    • 農業利用
    • 畜産利用
    • 水産利用
    • 水処理利用
    • 資源リサイクル利用
    • 土木建築利用
    • 予防医学
  • EM商品紹介
  • EM研究機構からの重要なお知らせ
  • EMデータベース
  • ウェルネスセンター&ホテル事業
  • お問い合わせ窓口
  • 文字を大きくするには?

この頁のトップへ