EM活用事例

オレンジ栽培 収穫量UP、コストダウン

ペルー
国名:
ペルー
カテゴリー:
農業
タグ:
低コスト
オレンジ栽培 収穫量UP、コストダウン
アントラ家族のオレンジ農園
アントラ家族のオレンジ農園
ペルー ウアラル州にあるアントラ家族のオレンジ農園
 
ペルーの首都リマの北部に位置するウアラル州にアントラファミリーが経営するオレンジ畑があります。彼らが育てている品種はタンジェロ(グレープフルーツとマンダリンミカンの交配種)とマーコット(ミカン類とスイートオレンジの交配種)です。
 
EMは灌水と葉面散布に使われています。 また肥料として、発酵した液体肥料を土中灌注しています。この液体肥料は魚のアラなどをEM1や糖蜜、水で混ぜて5〜6日発酵させて作ったものです。毎週20ℓ/h使っています。
 
その結果、農園のみかんの8割が高品質となり、海外への輸出を始めることができました。
EMを使い始めてから6年経過した現在は1ヘクタールあたり90トンの収獲量が見込めるようになっています。
 
EMを利用していない近隣農家では、収穫量の平均は1ヘクタールあたり55トン程度で、これはアントラファームの2/3の量です。EMを使うことで、アントラファームでは化学肥料にかかる費用を押さ抑えることもでき、結果として生産にかかる全費用の40%削減に成功しました。
 
収穫後のオレンジ農園
収穫後のオレンジ農園
EMで発酵された液体肥料
EMで発酵された液体肥料
オレンジの木
オレンジの木